Latest Posts

養育行動

動物行動学者のデズモンド・モリスは『マン・ウオッチング』という著書の中で、つがいになったメス犬がオス犬を下からうっとりと見上げている写真を掲げながら、これは人間の恋人どうしとまったく同じであるとコメントしています。なるほど、たしかに犬も人間も同じ哺乳類の仲間です。こうした求愛の動作というのは、哺乳類や鳥類など恒温動物のすべてに共通しています。たとえば、タンチョウヅルのダンス(雄のタンチョウヅルが、雌の前で美しい羽を広げて舞って見せること)もやはり求愛の動作です。では、どういった点が共通しているのでしょうか。一番わかりやすいのは、相手に体をすり寄せ、上目づかいに見上げるということです。馬など、人間の身長よりはるかに高い位置に顔があっても、私たちに甘えてくるときは、首を下げてすり寄り、上目づかいに見上げます。相手の体にすり寄って上目づかいに見上げるというのは、種を超えた求愛行動で、比較行動学の用語では「養育行動」の〃解発(引き出すこと)〃といわれています。「養育行動」とは文字どおり、年長者が年少者を養い育てるためにしてやる行動のことをいいます。母親が赤ん坊にお乳を飲ませたり、父親が子供を抱いてあやしたりするのも、すべて「養育行動」です。ほとんどの動物は自分の子供に対してしか「養育行動」をおこないませんが、それでも授乳中のメス猫が生後まもない子ウサギに乳を飲ませてやるようなケースもまれにあります。新しい出会いが結婚相談所 比較 で、あったらここで紹介したことを気にしてみてください。

FH139_L

セックスアピール

〃自分ブランド″の香水を調合するなどといったこともおこなわれているようです。ところがこれは、平安時代のことを考えると、文化の回帰といってもよい現象なのです。「源氏物語』に描かれた匂宮のあと、日本では香道が成立し、香を微妙に調合してその中身を当てて楽しむなどという遊びも生まれました。昨今の「自分の匂い」追求現象は、匂いで自分をアピールし、他人との差別化を図ろうとする現象です。情報化時代の特徴は、いかにして他人との差別化を図るかということですから、これは時代に合ったものと言えましょう。しかも、すべての香水の基本がフェロモンにあることを思えば、これからの日本は、欧米人と同じように、匂いでセックスアピールを図る人が増えてくるかもしれません。かって日本語には、「袖の移り香」とか「後(きぬぎぬ) 朝の残り香」といった、いかにもロマンチックな言葉がありましたが、それにしても、これもよく考えてみれば、異性が残していった体臭です。匂いというのはやはり、セックスと切り離すことができないのかもしれません。面倒見が良いオンナはモテます。あなたも出会いがない 社会人 ←ここで頑張ってパートナーを見つけましょう。

男は女を征服したがり
女は男に征服させようとアピールする

●男は、上目づかいに見上げる女のしぐさに弱い
●女が肌を見せるのは、男への服従を意味している
●女は本能で男の養育行動を〃解発〃している
O人間がパンダをかわいく思う理由
夜遅くともなると、電車の中などで、恋人とおぼしき男性の前に立って、上目づかいに相手の男性を見やり、イヤイヤをするようなそぶりをする女性を見かけることがあります。そういう女性を見ると、世の多くの女性は腹立たしい思いを抱くようですが、これは、そのカップルがうまくいっていることに嫉妬心を抱くからでしょう。しかも、そういう行動をとられた男性のほとんどすべてが、いかにも満足そうな、俗にいう
〃やに下がった〃表情をしているのも、彼女たちの怒りに油を注ぎます。まして、その男性が自分好みのタイプだったりすると、腹立たしさは倍加するにちがいありません。しかしながら、世のほとんどの男性が、こうした女性の甘えるしぐさにことのほか弱いのも事実です。そして、これは古今東西、さらにはこの世の生き物すべてに共通することでもあります。

FH116_L

匂い消し

体臭を消せという教えも、やはり道元から武士の世界に持ち込まれたようです。武士の場合、自分の体臭を消すことには大きなメリットがあります。今と違い、鎌倉時代の夜はとにかく圧倒的に暗いわけです。そうした中で戦う(暗闘)場合、体臭があったりすれば、すぐに敵に察知されてしまいます。そのため、体臭を消すのは、武士にとって自分の命を守るためにも大事なことだったのです。男性たるもの、香水などつけるなどとんでもないという考え方がいまだ根強くあるのは、そうした歴史的な背景があるからにほかなりません。しかも、日本人は風呂に入るという文化を持っているので、体臭を消すことはさほどむずかしいことではありません。江戸時代には銭湯が生まれましたから、一般市民の間にも、そうした風習が広まっていきました。そうした歴史的な下地があるので、女子中高生や大学生、OLが一時期、朝シャンなどといって、過剰なまでに〃匂い消し″にエネルギーをさくような現象が起こったのは、それほど不思議なことではありません。と同時に、清潔症候群や自己体臭恐怖症も目立つようになりました。ところが最近は、日本人もさらに変わってきたようで、積極的に体臭をアピールするようになりつつあるようです。一時期は、朝シャンブームに乗って、体臭を消す商品のコマーシャルばかりが目立ちましたが、最近はむしろ、匂いをアピールする商品が少なくありません。まず相手がいないと、何もできないので、ここ→出会い系 サクラいない で相手を探してください。

FH082_L

日本人の食事のマナー

また、彼が定めた「永平寺清規』は、修行のためのマニュアルです。その根本は、「清潔にしろ、歯を磨け、体臭を消せ」ということでしたから、清貧の生活を強要される永平寺の雲水たちも昔から入浴だけは規則的にできたのです。また、ある年齢から上の日本人は昔から、食事のときにおしゃべりしてはいけないとしつけられてきました。とくに、集団生活ではそういうことが厳しく言い渡されます。これも彼の禅堂の清規が、その起源の一つではないかと想定されます。ですから、この習慣は日本人には広く根づいているようで、日本人が食事にかける時間は、外国人に比べて極端に短いといわれています。ところが、国際社会に出ると、日本人が黙々と食事する姿はむしろ気味悪がられているようです。日本人のビジネスマンが外国人と食事する際、あたりさわりのない愉快な話ができる人はあまりいません。しかも英語でしゃべらなければいけないというので、彼らは、外国人との食事を「横メシ」といっていやがります。しかし、このルーツも実は道元にあるようです。道元は、食事中にしゃべることを固く禁じていました。鎌倉時代の支配階級であった武士たちの多くは禅宗を信奉していたので、こうした教えもそのうち社会全体に流布していきます。その結果、日本人が共同生活をするときのルールの大半は、道元の説いた禅宗に由来したものとなったわけです。素敵なパートナーに結婚相談所 選び方 で、出会っても幸せに付き合うには努力が必要です。

FH072_L

強迫神経症

清規(しんざ) (生活規範)はその後、日本人の共同生活の基本的なパターンになりました。道元は強迫神経症になるほどの潔癖症でした。もともと、平安時代の貴族は動物性タンパク質をそれほど摂取していませんから、欧米人に比べればそれほど強い体臭を持っていたわけではないでしょう。しかし、道元のような強迫神経症の人間にかかると、それほどでもない体臭でさえひじょうに気がかりで、弟子たちには身体的にも精神的にもきわめて清潔な生活を要求していました。道元は道徳的な意味においてもひじょうに潔癖な人で、権力に近づいてその庇護を受けるなどということは絶対にしようとしませんでした。向こうから近づいてくるのは許しても、自分の側からペコペコしたりするのは絶対に許しませんでした。ですから、彼が創建した福井の永平寺は聞きしにまさる貧乏寺で、道元や弟子たちも食うや食わずの毎日を送っていたのです。あるとき、弟子の玄明という者が鎌倉に用があって行ったついでに、幕府と直接交渉して土地を提供してもらったことがあります。永平寺に戻ってきたその弟子が、そのことを道元に喜んで報告したところ、道元は、とんでもないことをしたと言って、その弟子を追放してしまいました。そこまでなら私たちにも理解できますが、強迫神経症の道元は、考えれば考えるほどその弟子の存在が不潔に思えてきて、座禅を組むときに彼の定位置だった場所の床を円形にくり抜いてしまったというのです。そして、さらにその床の下の土を三尺の深さまで掘って捨てさせたという話が伝えられています。これを読んでいれば、ここ→で、出会った人はあなたから離れられないかも。

FH056_L

独特の体臭

しかし、それ以上に薫大将のチャームポイントとなっていたのは彼の体臭だったのです。彼は生まれつき独特の体臭の持ち主で、彼が通るといい匂いがするというのです。そもそも「薫大将」というあだ名がついたのも、宮廷の女房たちは首を出してその匂いをクンクン嗅いだりしたからなのです。薫大将のライバルは匂宮ですが、匂宮はその薫大将がうらやましくて仕方なく、みずからいい匂いを発する香をつくったりしています。〃香る右大将、匂う兵部卿″といって、女房たちの間では評判になりました。この薫大将の匂いこそ、実はフェロモンなのでしょう。たしかに、平安時代の人々は、貴族といえどもあまり風呂に入りませんでした。髪をおすくらかしにしている女性が髪を洗うのは大変なことで、女房たちは総がかりでお姫様の髪を洗っていたわけですが、そうはいってもせいぜい一カ月に一度ぐらいでしょう。もちろん、男性はそれ以上に間隔があいていたと思われます。そうなると結局、香を焚いて自分の体臭をごまかすよりしょうがなかったのではないでしょうか。しかし、薫大将の場合は、まさしく体臭そのものだったのです。○体臭を消すことにしてきた日本人だが……その日本人がいったいいつ頃から、体臭を消すことに腐心するようになったのでしょうか。私の推測では、鎌倉時代の禅僧・道元あたりの頃からです。腐心(ふしん) 道元の定めたさまざまな禅堂のターンになりました。ここを読んだら、これからここ→で、出会う相手と上手に駆け引きができますね。

FH049_L

源氏物語

日本人は風呂に入るという文化を持っているからこそ、そういうことができるわけです。これに対して欧米人はむしろ、自分の体臭を香水をふりかけて強調することによって性的にアピールしようとしてきました。コーカソイド(白色人種)は肉食民族ですから、ジャコウジカやマッコウクジラなど動物の持っている匂いを使うのが日本人より上手なのです。つまり、体臭を積極的にアピールするのがコーカソイドで、私たちモンゴロイド(黄色人種)は消極的アピール型という分け方ができるのです。ただし、日本人が昔からそうだったのかというと、そうではないかもしれません。「源氏物語」の光源氏は、美貌と富、女性に対する親切さ、マメさによって理想の男性とされていましたが、光源氏が死んだあとの世代に関しては、その種のチャームポイントについては触れられておらず、その代わりに注目されているのが体臭です。後半に登場する光源氏の子・薫大将は、女三の宮と柏木との間に生まれた子ですが、形式上は源氏の正妻・紫の上の子供という形になっていました。今日なら欝病になって死んだと診断されるような実父・柏木の血をひいているからしょうがないといえばしょうがないのですが、薫大将はクョクョした煮え切らない性格で、とにかく優柔不断な男でした。その意味では近代人的なところがあり、それがむしろ女性たちに好かれた要因だったのです。結婚に悪いイメージを持っていても、一歩踏み出してください!から結婚相手を探せば、あなたに合った探し方も探せるので不安や悩みも解決してくれるサービスを見つけられます。

FH044_L

神経症

聞きとれていないはずなのに、実は聞きとれているわけです。それと同じように、匂いとしては認識されないのですが匂っているというのがフェロモンです。ただ、人間の場合、それは一律ではなく、かなり個人差があるようです。たとえば、しょっちゅう口説かれたり、電車に乗ると男性から触られることが多いという女性がいますが、これはもしかするとフェロモンを多く発しているからかもしれません。

Oフェロモンを発して人気を得た薫大将
日本人の場合、一般的に体臭は好まれません。たしかにワキガなど、不愉快に思う人のほうが多いでしょう。しかし、欧米人の場合は、ジャコウジカやマッコウクジラといった哺乳動物のアポクリン腺から出るフェロモンを原料にして香水をつくっています。日本人の神経症には対人恐怖症というタイプが比較的多いのですが、その中に自己体臭恐怖症というのがあります。これは、自分の体臭がくさいとまわりの人に思われているのではないかと心配になり、実際には体臭がしないのに自分だけそれが感じられる(幻嗅)ようになったりするものをいいます。ところが、欧米人は体臭がかなり強いのが一般であるのに、逆にこうした症状を呈する人は相対的に少ないようです。なぜかというと、日本人の場合は、自分の体臭を消し去ることによって相手に不愉快な感じを与えないようにするのが他人に対する伝統的な接し方です。コミュニケーションは非常に重要ですので、これからここで→出会う結婚相手とはコミュニケーションを途切れないよう気を付けましょう。

FH038_L

フェロモン

もともとフェロモンというのは、発情期の動物が発する異性をひきつける物質で、はっきり匂いとしては感じられないものですが、いちおうは匂う物質です。そして、人間もやはり動物ですから、フェロモンを強く発する男性、あるいは強く発する女性がいるのは不思議ではありません。フェロモンにそれほど効果があるかどうかはわかりませんが、昔から媚薬といわれるものは作られていますし、最近は合成フェロモンが売り出されてもいます。男性が女性に感じる魅力、女性が男性に感じる魅力というのは、理屈では説明できない部分があります。それを体が発する匂いで説明しようというので、このフェロモンという物質が注目を浴びているのですが、このフェロモンなるものの実体となると、まだはっきりしたことはわかっていないのが現状です。たとえば、女性にとって父親の匂いといえば大方がタバコの匂いでしょう。また、男性にとってはそれに代わるものといえば、やはり母親の匂いです。嗅覚の中枢は、大脳の記憶中枢の深いところにあるため、こうした匂いの記憶が、長じて異性を意識したときに回想されるのです。男性はよく女性の甘酸っぱい匂いについて指摘しますが、これは、母親を通じて記憶した生理のときの匂いで、男性は不快には思いません。いってみれば、それがフェロモンというわけです。音にも、超高音といって、意識的には聞こえない音なのですが、実は聞くと快感を感じている音があります。出会いはここ→に、たくさんあるので、相性が合う人がきっと見つかります。

FH039_L

動物的部分

人間の場合も、男性は、女性に接近するためにその体臭を嗅ぎ分け、女性は、男性を選別するために体臭を嗅ぎ分けるわけです。男性が女性の体臭を不愉快に感じないことが多いのに、女性が男性の体臭を不愉快に感じるのが一般であるのは、たぶんそのせいでしょう。ちなみに女性も、ひとたび好きになった相手の体臭は、別に不愉快とは思わないようです。これは、相手のフェロモンが気に入っている証拠です。人間は、自分たちが動物のなかでも独特の存在だと思っていますが、実をいうと、さほど独特でないことのほうが多いような気がします。人間はどうも、自分たちの持っている動物的な部分を否定して生きようとする傾向があります。しかし、そうはいってもしょせん人間も動物なのです。ただし、人間には文化がありますから、動物的な部分を修正することができます。むしろ、人間が失っている動物的な部分の多くは、同じ種族の動物を原則的には攻撃しないとか、あるいは、攻撃したとしても、相手がその種特有の降参のサインを示した段階で攻撃を中止するといった、むしろいい意味での動物的部分です。ほかの動物が持っている美徳で、私たち人間が失っているものは少なくないのです。しかし、体臭に対する反応は動物も人間も基本的には変わりありません。体臭というと、最近、雑誌やテレビなどで、男と女の関係を一歩進める際に重要な役割を果たす物質として、「フェロモン」が注目を集めています。コミュニケーションがうまくいかない夫婦はこのように関係修復に時間と手間がかかりますので、で相性がピッタリの相手と出会えば夫婦間の問題は起こりにくいか、起こっても解決はこんなに大変ではないでしょう。

FH041_L